岩間優希(メディア学・ジャーナリズム研究)のHPです。

中部大学国際関係学部専任講師

 

 ○新刊紹介

 

PANA通信社と戦後日本――汎アジア・メディアを創ったジャーナリストたち』(人文書院、2017)を刊行しました。

 

 

(「内容紹介」より)

 日本の政治家で彼を知らない者はいない、白洲次郎が会ってみろといった男、宋徳和。彼が設立したアジア人のためのアジア系通信社、PANA通信社とはどのようなものだったのか。そこには、ヴェトナム戦争を取材した岡村昭彦、朝鮮戦争を取材、トップ屋集団「東京ペン」を率いたのちPANAを引き継いだ近藤幹雄、シンガポールと日本の架け橋となった陳加昌、太平洋ニューズ圏を夢見た時事通信社の長谷川才次など様々な人材が集まった。綿密な聞き取りと調査をもとにしたある通信社の戦後史。

 

人文書院HPで目次と「はじめに」「一章」の一部を公開しています。

どうぞご覧ください。

 

 

 ○メディア紹介実績

 

2017.11.4 『日本経済新聞』の書評でとりあげていただきました。 

2017.11.9 『週刊新潮』の短評でとりあげていただきました。

2017.11.17 日本写真エージェンシー協会(JPAA)にインタヴューしていただきました。

2017.11.21 『出版ニュース』のブックガイドでとりあげていただきました。

2017.11.24 『週刊読書人』の書評でとりあげていただきました。

2017.12.3 『朝日新聞』の書評でとりあげていただきました。

2017.12.9 『中日新聞』でインタヴューしていただきました。

2017.12.22 『週刊読書人』「2017年の回顧」で「「戦後」の切りとり方にくふうを凝らした五冊」としてあげていただきました。

2018.2.1 『メディア展望』の書評でとりあげていただきました。

2018.2.12 『読売新聞』(愛知県内版)でインタヴューしていただきました。

2018.12.1 『同時代史研究』第11号の書評でとりあげていただきました。

 

どうもありがとうございます。

 

 

出版祝いで元PANA通信社スタッフの方の奥様にいただいたクッキー。

 

    著書